File
Title Alternative
メルケル細胞ポリオーマウイルスのsmall T抗原を検出する新規in situ ハイブリダイゼーション法及び新しい抗体による免疫染色法
Authors
Content Type
Thesis or Dissertation
Link
Current Journal Title
Published Date
2015-03-06
Text Version
ETD
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。
Citation
Matsushita et al.: A new in situ hybridization and immunohistochemistry with a novel antibody to detect small T-antigen expressions of Merkel cell polyomavirus (MCPyV). Diagnostic Pathology 2014 9:65.
Language
English
Grant ID
甲第25号
Granted Date
2015-03-06
Degree Name
博士(保健学)
Grantor
鳥取大学