File
Thumnail hr17_17.pdf 1.18 MB
Title Transcription
シュウチュウカ ハイドログラフ ノ ガイネン : ゲンリュウイキ ノ スイモン トクセイ ト スイ キョウキュウ ポテンシャル オ ヒョウカスル タメノ アラタナ リュウキョウ キョクセン カイセキホウ ニカンスル シアン
Title Alternative
The lumped hydrograph concept : Pilot scheme of a new duration curve analysis to evaluate hydrological properties and water supply potentials in headwater catchments
Authors
Haga, Hirokazu Department of Agricultural, Life and Environmental Sciences, Tottori University Tottori University Researchers KAKEN Search Researchers
Ogawa, Shigeru
Keywords
集中化ハイドログラフ
流況曲線
濁水
清澄水
水供給ポテンシャル
源流域
Abstract
森林小流域において,目標とする水需要レベルに対する水不足量と水余剰量のバランスについて,濁水と清澄水を考慮しながら把握できる集中化ハイドログラフを提案し,その解析手法や応用可能性についての試案を示した。集中化ハイドログラフの上昇部と下降部は,それぞれ河川水が濁っている日とそうでない日の流況曲線を用いて表現された。水不足量を濁水の余剰量で補うことができる最大の目標水需要レベルと清澄水の余剰量で補うことができる最大の目標水需要レベルは,それぞれ濁水供給ポテンシャル,清澄水供給ポテンシャルと定義された。既往の短期流出解析との対比から,集中化ハイドログラフのピーク付近における濁水流出率(疑似ピーク流出係数)と清澄水の減少特性(疑似逓減係数)が,それぞれ濁水供給ポテンシャル,清澄水供給ポテンシャルに関係する指標になりうると推測された。これらの水供給ポテンシャルは,源流域から下流域に至るまでの水と土砂の統合的管理にとって大局的な観点から示唆を与えるものであり,集中化ハイドログラフの有用性は高いと考えられた。
Publisher
鳥取大学農学部広葉樹開発実験室
Content Type
Departmental Bulletin Paper
ISSN・ISBN
03895505
NCID
AN00332176
Journal Title
広葉樹研究
Current Journal Title
Hardwood research
Volume
17
Start Page
17
End Page
25
Published Date
2018-03-30
Text Version
Publisher
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
Citation
広葉樹研究. 2018, 17, 17-25
Department
Faculty of Agriculture/Graduate School of Agriculture
Language
Japanese