フルテキストファイル
Thumnail hr14_9.pdf 4.29 MB
タイトルヨミ
チュウシャジョウ リョクカ ノ タメ ノ ツル ショクブツ ノ サイバイ ジッケン
タイトル別表記
Experimental cultivation of climbing plants to form green shade for parking lots
著者
小田 悠介 鳥取大学大学院農学研究科フィールド生産科学専攻
淑敏 鳥取大学大学院連合農学研究科
日置 佳之 鳥取大学農学部付属フィールドサイエンスセンター 鳥取大学研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
緑陰駐車場
駐車場緑化
つる植物
蒸発散量
重量法
green shade parking lots
climbing plant
transpiration
weight measurements
抄録
緑陰駐車場の形成に資する目的で,一般に流通している巻きつる型植物であるクズ,アケビ,ノアサガオを用いて成長期1シーズンの生育量と被覆率を測定した.また,重量法によって蒸散量量を推定した.その結果,成長期1シーズンでは,天井部を覆って十分な緑陰を形成するに至らなかったが,暖慢ながらも緑陰を形成していくものと予想された.また,重量法から推定されたノアサガオの日蒸散量は,単位被覆面積あたり2.10㎏程度であり,緑化材料として用いた場合の必要灌水量に示唆を与える値が得られた.The authors measured the growth and spread area of three species of commercially available climbing plants, Pueraria lobata, Akebia quinata, and Ipomoea indica, to estimate their suitability for use in green shade for parking lots. Transpiration rates were also monitored by weight measurements. The experiments showed that these climbing plants did not from a green roof in one growing season. However, these plants could be expected to from a green roof, as growth occurred slowly in steps. Transpiration by Ipomoea indica per cover green area per day was about 2.1kg, which provides an indication of the amount of irrigation required.
出版者
鳥取大学農学部広葉樹開発実験室
資料タイプ
紀要論文
ISSN・ISBN
0389-5505
書誌ID
AN00332176
掲載誌名
広葉樹研究
最新掲載誌名
広葉樹研究
14
開始ページ
9
終了ページ
14
発行日
2011-03-30
著者版フラグ
出版社版
掲載情報
広葉樹研究. 2011, 14, 9-14
部局名
農学部・農学研究科
言語
日本語