フルテキストファイル
Thumnail nhrs15_7.pdf 1.86 MB
タイトルヨミ
エリザハンミョウ トットリ サキュウ シュウダン ノ キュウゲキナ コタイスウ ゲンショウ : 2017ネン ノ ヒョウシキ サイホ チョウサ ケッカ
タイトル別表記
Abrupt decrease of the population of a tiger beetle species, Cylindela elisae (Carabidae, Cicindelinae), in Tottori Sand Dunes, Honshu, Japan in 2017.
著者
鶴崎 展巨 鳥取大学地域学部棟農学部生物学研究室 研究者総覧 KAKEN
唐澤 重考 鳥取大学地域学部棟農学部生物学研究室 研究者総覧 KAKEN
石川 智也 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
猪野 真也 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
岸田 由幹 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
白岩 颯一郎 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
千葉 悠輔 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
服部 理貴 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
福井 二葉 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
武藤 諒 鳥取大学地域学部地域環境学科学生
キーワード
鳥取砂丘
エリザハンミョウ
季節消長
個体数推定
標識再捕
成虫出現期の年間変動
Cylindera elisae
tiger beetles
mark-recapture
estimated population size
Tottori Sand Dunes
annual variation of adult emergence
抄録
鳥取市鳥取砂丘オアシス周辺に営巣するエリザハンミョウの集団の保全に向けて2015 年から本種の成虫が発生する夏季に標識再捕法により当地での発生個体数を調査している。すでに結果を報告している2016 年までの調査に引き続き2017 年も同様の調査をおこなった。エリザハンミョウの成虫の消長は過去2年よりも早めに進行し,成虫は6月中旬に出現,7月中にはほぼ消失した。この間にマークできた総個体数は112(2015 年は304,2016 年は270)とこの3 年間で最も少なく, Jolly-Seber 法による個体数推定値はもっとも多かった調査日(6 月27 日)でわずか153 であった(2015 年は2,300個体,2016 年は1,460 個体)。この個体数は個体群を健全に維持するために必要とされる最小集団サイズ(MVP)として従来言われてきていた500(個体数変動の大きい動植物では10,000)を大幅に下回っており,危険な状態である。2017 年におけるエリザハンミョウ成虫の早期の出現と消失は2017 年の7 月の高温が,また,個体数の減少にもっとも寄与した要因としては2017 年の4~6 月の少雨が考えられる。
As a consecutive series of surveys of the population size of a tiger beetle species, Cylindera elisae (Motschulsky 1859) at a site so-called“ Oasis” in the Tottori Sand Dunes, Tottori City, started in 2015 (Tsurusaki et al. 2016, 2017), we estimated population size of the same population of the same species also in 2017 by using a mark-recapture method. A total of 112 adults of C. elisae were individually marked during the summer in 2017 (304 and 270 adults in 2015 and 2016 surveys, respectively). The highest number of adults of C. elisae estimated by the Jolly-Seber method was only 153 recorded on 27 June 2017. This population size is much smaller than 500 which was the number formerly often said as the minimum viable population (MVP), to say nothing of 10,000 as the MVP for univoltine insects whose population size tend to be variable every year.  It is probable that high air temperature of July in 2017 brought early emergence and disappearance of C. elisae in 2017. It is also likely that drought at “Oasis” area due to extremely low amount of precipitation from April to June in 2017 was the main factor for the marked decrease of population of this species in 2017. Some measure should be taken for the recovery of this population.
出版者
鳥取県生物学会
資料タイプ
学術雑誌論文
ISSN・ISBN
13492535
書誌ID
AA12083678
掲載誌名
山陰自然史研究
最新掲載誌名
山陰自然史研究
15
開始ページ
7
終了ページ
14
発行日
2018-09-20
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
© 鳥取県生物学会 The Biological Society of Tottori
掲載情報
山陰自然史研究. 2018, 15, 7-14
部局名
地域学部・地域学研究科
言語
日本語