フルテキストファイル
タイトル別表記
メルケル細胞ポリオーマウイルスのsmall T抗原を検出する新規in situ ハイブリダイゼーション法及び新しい抗体による免疫染色法
著者
NDC分類
4類 自然科学
資料タイプ
学位論文(要旨のみのもの含む)
外部リンク
http://www.diagnosticpathology.org/content/9/1/65
http://dx.doi.org/10.1186/1746-1596-9-65
最新掲載誌名
発行日
2015-03-06
著者版フラグ
博士論文全文を含む
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。
掲載情報
Matsushita et al.: A new in situ hybridization and immunohistochemistry with a novel antibody to detect small T-antigen expressions of Merkel cell polyomavirus (MCPyV). Diagnostic Pathology 2014 9:65.
言語
英語
学位論文授与番号
甲第25号
学位授与年月日
2015-03-06
学位名
博士(保健学)
学位授与機関
鳥取大学