フルテキストファイル
タイトルヨミ
ゴイリョク ニ ツナガル カンジ ノ ガクシュウ
タイトル別表記
Learning of Chinese characters that enhances the word-hoard
著者
生田 聡史 鳥取大学附属中学校 国語科
キーワード
語彙力
語彙
漢字
word-hoard
vocabulary
Chinese characters
抄録
語彙力が学習において重要であることは言うまでもない。しかし単に語彙と言っても,音声としての語彙と文字としての語彙とでは違いがあり, その違いは個々で大きく開きに差があるように思われる。そこで, 漢字の学習を中心に据えることで言語に対する興味やこだわりが深まり, その意識が文字としての語彙を増やすだけではなく, 音声としての語彙との開きを縮めるのではないかと考えた。国語の授業で漢字の学習をする時間を確保し, その実践を重ねた上での生徒の変容を考察する。
Needless to say, affluence of the vocabulary is important in the learning. However, the vocabulary as sounds is different from the vocabulary as letters and it seems that difference between them is variable in magnitude depending on every word. It might be possible that if learning and practice of Chinese characters were settled as the central subject in the classes, students can deepen their interest and intimacy for languages and enhance their vocabularies as letters. This might be also useful to lessen dissociation between the Chinese characters as letters and sound. In this article, I will discuss students’ progress in the word-hoard after securing a certain amount of time to learn Chinese characters in the classes of Japanese language.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN・ISBN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
50
開始ページ
17
終了ページ
20
発行日
2019-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2019, 50, 17-20
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語