File
hr15_1.pdf 1.92 MB
Title Transcription
シンリン ノ コウゾウ ト チョウルイ ニヨル シュシ サンプ ノ フキンイツセイ
Title Alternative
Forest structure and the unevenness of seed dispersal by birds
Authors
Keywords
FLD
シードトラップ
ソングポスト
鳥散布型種子
繁殖季節
bird dispersal seeds
breeding season
seed trap
song post
Abstract
本研究は, 森林構造と鳥類による種子散布の関係を明らかにすることを目的とする. 季節によって鳥類による種子散布が集中する場所が異なり, 秋においては年によっても異なる分布を示した. これらのことから, 季節や年ごとの結実個体の生育分布の違いが鳥散布種子の集中分布に影響していると考えられる. しかし春においては, 結実個体のない場所でも鳥散布種子数が多くなる場所がみられたため, そのような場所では結実個体とは別の要因が鳥類の行動に影響したと考えられる. 1年を通して確認頻度の高かったヒヨドリが種子散布者として最も貢献していると考えられる. 春に採餌が観察されたヒヨドリはほとんどの個体が亜高木層と高木層で観察された. したがって, 春の鳥類の行動は亜高木層や高木層の密度の違いに影響を受けると考えられる. 草本層から高木層の密度と自然落下種子数を説明変数, 鳥散布種子数を目的変数とし, 重回帰分析を行った結果, 春において高木層の密度が高い場所で鳥散布種子数が多くなる正の相関が認められた. これは, 繁殖期の鳥類がソングポストになり得る高木を好むためだと考えられる. 森林の鳥散布種子の分布に最も影響を与える要因は, どの季節においても結実個体の生育場所の違いであり, 鳥類の繁殖期にあたる春においては, 森林構造の違いが鳥類による種子散布の不均一性に影響を与えることが示唆された.
Publisher
鳥取大学農学部広葉樹開発実験室
Content Type
Departmental Bulletin Paper
ISSN
0389-5505
NCID
AN00332176
Journal Title
広葉樹研究
Current Journal Title
広葉樹研究
Volume
15
Start Page
1
End Page
10
Published Date
2013-03-29
Text Version
Publisher
Citation
広葉樹研究. 2013, 15, 1-10
Language
Japanese