File
Title Transcription
ホウカゴトウ デイ サービス ニイル コドモタチ ノ アソビ : ジドウ シドウイン トシテ タイケン シタ ショウチョウテキ ヒョウゲン ニ チュウモク シテ
Authors
手嶋 翔一
Keywords
放課後等デイサービス
象徴的表現
遊びの意義
Abstract
放課後等デイサービスでは,児童の障害特性やライフステージなどに応じた支援ニーズに基づいた多様な支援が実施されている。一方で,具体的な活動の無い自由時間についての研究は少なく,その時間は,単に「預かっているだけ」と解釈される可能性が指摘されている。本稿は,児童指導員として放課後等デイサービスで筆者が関わってきた子どもとの自由時間における遊びについて,「象徴的表現」の視点から紹介し,遊びの意義について考察を試みた。その結果,子どもたちは様々な内的葛藤や願望を,筆者との遊びを通じて象徴的に表現し,現実場面を消化しようとしている可能性が推察された。本来,象徴的表現をともなう遊びは,プレイセラピーのような構造化・制限化された場面での専門家との相互交流によって促進されると考えられていたが,放課後等デイサービスのような集団生活空間においても生起することが確認でき,象徴的表現を介した心理的支援の可能性が示唆された。
Publisher
鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
Content Type
Departmental Bulletin Paper
ISSN
18834531
Journal Title
鳥取臨床心理研究
Current Journal Title
Tottori Clinical Psychology Research and Practice
Volume
13
Start Page
11
End Page
19
Published Date
2020-12
Text Version
Publisher
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
Citation
鳥取臨床心理研究. 2020, 13, 11-19.
Department
Faculty of Medicine/Graduate School of Medical Sciences/University Hospital
Language
Japanese