Title Transcription
ワガ クニ ノ キンダイ タイソウ ノ セイリツ
Authors
能勢 修一
Abstract
1.わが国の近代体操の芽生えは「学制」以前にみられるが、発足は「学制」を以てする。
2.「学制」後は図式体操から「体操書」にうつりつつあった。
3.G,A,Leland の来日に関係のあるJ.H.Seelyeは明治5年(1872)に訪日し、わが国について深い理解をもっていた。
4.体操伝習所で行われた軽体操を、わが国の学校体操と決定したことにより、わが国の近代体操は成立したのである。なお、軽体操と決定した主な理由として、これを推進したのは欧米より帰朝した教育者であったこと、さらに軽体操が簡易であったことがあげられる。
Publisher
鳥取大学教育学部
Content Type
Departmental Bulletin Paper
ISSN・ISBN
02878011
NCID
AN00174563
Journal Title
鳥取大学教育学部研究報告. 教育科学
Current Journal Title
The journal of the Faculty of Education. Educational science
Volume
6
Start Page
193
End Page
200
Published Date
1964-12
Text Version
None
Citation
鳥取大学教育学部研究報告. 教育科学. 1964, 6, 193-200.
Department
Faculty of Regional Sciences/Graduate School of Regional Sciences
Language
Japanese