File
Title Transcription
ポジトロン CT ニ オケル FDG シュウセキ ワ ユウツウセイ コツテンイ オ ユウスル カンジャ ニ タイスル コソクテキ ホウシャセン チリョウ ゴ ノ チョウキテキ ナ トウツウ セイギョ ノ ユウヨウ ナ ヨソク インシ デアル : タンイツ シセツ ニ ヨル ゼンポウシテキ ケンキュウ ノ ケッカ
Title Alternative
Fluorodeoxyglucose uptake on positron emission tomography is a useful predictor of long-term pain control after palliative radiation therapy in patients with painful bone metastases: Results of a single-institute prospective study
Authors
Content Type
Thesis or Dissertation
Link
Current Journal Title
Published Date
2016-02-19
Text Version
None
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。
Citation
Takatoshi Tahara, Shinya Fujii, Toshihide Ogawa, Koichi Michimoto, Takeru Fukunaga, Tomohiko Tanino, Nobue Uchida, Tsutomu Matsuki and Hiroaki Sakamoto.Fluorodeoxyglucose uptake on positron emission tomography is a useful predictor of long-term pain control after palliative radiation therapy in patients with painful bone metastases: Results of a single-institute prospective study. International Journal of Radiation Oncology Biology Physics. 2016;94(2):322-328.
Language
English
Grant ID
甲第252号
Granted Date
2016-02-19
Degree Name
博士(医学)
Grantor
鳥取大学