File
Title Transcription
プログラミング ノ タヨウセイ オ ヒキダス ワンボード マイコン ノ カツヨウ
Title Alternative
Utilization of microcomputers enabling various styles of programming.
Authors
Keywords
プログラミング教材
プログラミングの多様性
主体的学習
試行錯誤
programing teaching material
variety of programming
independent learning
trial and error
Abstract
従来のプログラミング学習では,授業者がある程度完成されたプログラムを提示する。それを写し取らせることで,学習者に命令の組み合わせや処理について理解させる。しかし,このような学習方法は,完成されたプログラムが提示されるために,プログラミングの多様性を理解する際の阻害要因となる。そこで,自ら命令を組み合わせてプログラミングできるように支援をする学習方法,及び,それを可能にする教材開発を行った。この教材を用いた授業実践において,学習者のプログラミングに多様性が見られたので,その内容について報告する。 / Teachers have presented a single program which is already completed to a certain extent in the conventional classes of the programming learning. By copying the program, students have been supposed to understand the combination and processing of the instructions. However, such learning style is disincentive for the understanding of the diversity of programming, because a completed program is presented as if it was the single answer to the problem to be solved. To avoid this problem, we have developed a learning method that supports programming by combining instructions themselves, and teaching method that enables it. Programs made by students during the lesson using this teaching method were diverse as reported in this article.
Publisher
鳥取大学附属中学校
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Journal Title
鳥取大学附属中学校研究紀要
Current Journal Title
Bulletin of the Tottori University Junior High School
Volume
49
Start Page
121
End Page
128
Published Date
2018-03-01
Text Version
Publisher
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。
Citation
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2018, 49, 121-128
Language
Japanese