Title Transcription
ダンボウキ ガ ヨウジ ノ シュウシン ジ ニ オヨボス ホオン コウカ
Title Alternative
Effect of the Electric Heaters using in the Bed on Keeping warmly the Sleeping Child
Authors
YAMAMOTO, Naoko
Abstract
1) 幼児の就寝時の皮膚温は各寝室内気温を通して時間経過とともに上昇して大人よりも高温である。部位的にみても30℃以下になる所はあまりみられなかった。
2) 電気毛布は手軽に快適寝床気候を早く作ることが出来、保温効果は大きく特に極寒冷の気温0℃においてはその効果は大きい。
3) 電気あんか、足温器は局部の保温効果にはよろしいがそれが全体に及ぼす保温効果はあまり認められなかった、
4) 寝床内湿度は寝室内気温が5℃以下の気温においては暖房機の有無及種類にはあまり関係しない。
この寝具は電気毛布に合わせて使用したため大人用のふとんを使用して測定し、又被験者も女子幼児1人のため皮膚温の個人差、環境条件等によって多少の相違があるかもしれないが大体の傾向はこのようであろうと推定出来る。

The effect of some kinds of electric heaters used in the bed on keeping warmth was examined.
It was found that the effect was different with the two cases : (1)when a child is in bed. (2)when there is none. Especially for the electric blanket, the effect on the skin temperature of a sleeping child appeared remarkably good, and the function of keeping warmth was considered to be excellent.
Publisher
鳥取大学学芸学部
Content Type
Departmental Bulletin Paper
ISSN
04935608
NCID
AN00174530
Journal Title
鳥取大学学芸学部研究報告. 自然科学
Current Journal Title
The Journal of the Faculty of Education, Tottori University. Natural science
Volume
16
Issue
1
Start Page
75
End Page
79
Published Date
1955-07-30
Text Version
None
Citation
鳥取大学学芸学部研究報告. 自然科学. 1955,16, 75-79
Department
Faculty of Regional Sciences/Graduate School of Regional Sciences
Language
Japanese