File
Title Transcription
トットリケン トウブ ニ オケル サンチ ソウゲンセイ スミレ ルイ ノ セイイク ジョウキョウ
Title Alternative
Distribution of some endemic Viola species in eastern part of Tottori Prefecture, Japan
Authors
Keywords
スミレ
山地草原
草刈り
希少植物
Viola species
moutain grassland
mowing
endemic plants
Abstract
希少化している山地草原性スミレ類の生育実態を明らかにすることを目的として, 鳥取県東部2ヶ所の山地草原でスミレ類の調査を行った。あわせて, 山地草原性のスミレ類が存続していくための管理方法に関して考察をおこなった。調査は草刈りで草地が維持されている八頭郡智頭町篭山(以下, 篭山)と放置されている八頭郡若桜町つく米(以下, つく米)の対照的な2ヶ所の草地でおこなった。2005年から2008年にかけて調査を行い, 篭山では13種, つく米では6種のスミレ類の自生を確認した。篭山では8カ所にプロットを設定し, スミレ類の種名と個体数を記録した。つく米でも同様に中央部1カ所で調査した。篭山ではアケボノスミレの個体密度が最も高かった。次いでヒゴスミレとニオイタチツボスミレが多く, 周辺では得難いスミレの貴重な自生地と考えられた。つく米はススキの密な群落であったが, 県内では他に1ヵ所でしか報告されていないサクラスミレが現存していることを確認した。つく米では2008年秋から鳥取県の保安林改良事業が始ることとなり, 地ならし, 植樹, 保育作業で今後環境が大きく変わる。今後の推移に注目する必要がある。
We studied grassland Viola species at two contrastive grasslands in eastern part of Tottori Prefecture. Study sites were set at Kagoyama, in Chizu Town and at Tsukuyone in Wakasa Town. Kagoyama site is maintained
as grassland by annual mowing. Tsukuyone site is suffering from neglect and covered dense Miscanthus sinensis thicket. From 2005 to 2008, thirteen and six Viola species were found at Kagoyama site and Tsukuyone site, respectively. At Kagoyama site, Viola rossii had maximum density following V. chaerophylloides var. sieboldiana and V. obtusa. Critically endangered species in Tottori Pref., V. hirtipes was found at Tsukuyone site. The present habitat condition at Tsukuyone site was not suitable for grassland Viola species. We have to pay attention to the condition of this grassland.
Publisher
鳥取県生物学会
Content Type
Journal Article
ISSN・ISBN
1349-2535
NCID
AA12083678
Journal Title
山陰自然史研究
Current Journal Title
山陰自然史研究
Volume
4
Start Page
49
End Page
55
Published Date
2008-12-31
Text Version
Publisher
Citation
山陰自然史研究. 2008, 4, 49-55
Department
Faculty of Regional Sciences/Graduate School of Regional Sciences
Language
Japanese