File
nhrs6_9.pdf 3.35 MB
Title Transcription
ゼツメツ キグ シュ クマガイソウ ノ トットリケン ニ オケル ジセイ ジョウキョウ
Title Alternative
The present condition of Cypripedium japonicum Thunb. (Orchidaceae) population in Tottori Prefecture, Japan.
Authors
Keywords
絶滅危惧植物
ラン
個体群構造
シカ
年次変動
endangered plant
orchid
population structure
deer
annual fluctuation
Abstract
クマガイソウは観賞用として商品価値が高く,乱獲や森林の手入れ不足により絶滅が懸念されている。本研究ではレッドデータブックとっとりの見直しにあたり,鳥取県内のクマガイソウ個体群の現状についてまとめた。鳥取県内で確認されているクマガイソウの自生集団は7カ所あるが,本研究では比較的規模の大きい東部の3集団について,個体群構造を記載した。2005年から2010年にかけて3集団は,1集団が増加,1集団が現状維持,1集団が衰退傾向と異なる状況にあった。鳥取県西部の4集団はいずれもごく小規模で盗掘などにより個体数が減少していた。鳥取県内のクマガイソウ個体数は減少傾向にあると考えられた。クマガイソウは現在でも,心ない愛好家や業者による盗掘がみられ,採取圧は依然として高い。絶滅に至ることのないよう,今後も注意深いモニタリングと一般への啓蒙が必要である。 / Cypripedium japonicum (Orchidaceae) is distributed all over Japan, but endangered to extinction due to much picking and degeneration of semi-natural forests. In Tottori Prefecture, there are seven wild C. japonicum habitats. We studied three large habitats of C. japonicum in Tottori Pref. During last five years, number of shoots were increasing, even, and decreasing in each population, respectively. C. japonicum population seemed to decrease in other four small habitats. Population in wild condition is not increasing in Tottori Pref. however, wild C. japonicum plants still face a danger to pick up. It is necessary to continue population monitoring and educating people to conserve nature.
Publisher
鳥取県生物学会
Content Type
Journal Article
ISSN
1349-2535
NCID
AA12083678
Journal Title
山陰自然史研究
Current Journal Title
山陰自然史研究
Volume
6
Start Page
9
End Page
15
Published Date
2011-12-10
Text Version
Publisher
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
Citation
山陰自然史研究. 2011, 6, 9-15
Department
Faculty of Regional Sciences/Graduate School of Regional Sciences
Language
Japanese