File
Title Transcription
チョウサ ノンコーディング RNA ニヨル センショクタイ ドメイン レベル ノ イデンシ ハツゲン セイギョ
Title Alternative
長鎖非コードRNA による染色体ドメインレベルの遺伝子発現制御
Authors
Keywords
長鎖非コードRNA
XIST
KCNQ1OT1/LIT1
X染色体不活性化
染色体
遺伝子発現制御
Abstract
 ヒトゲノムの解読により, タンパクをコードするmRNAは全RNAのわずか1.5%に過ぎず, 残りの98%はタンパクをコードしていない非コードRNA(non-coding RNA: ncRNA)で占めていることが明らかとなった. それに加え, 近年, ENCODEプロジェクトにおいて, 長鎖非コードRNA(long non-coding RNA: lncRNA)は, ヒトの〜9000ものゲノム領域から転写されていた1). これまでlncRNAには, がん抑制遺伝子Ink4遺伝子座の発現制御に関わるANRIL, ゲノムインプリンティングに関わるKCNQ1OT1/LIT1, Air, HOX遺伝子の転写抑制に関わるHOTAIRなどが知られている. 最近では, 代謝の再プログラミング化に関与するlncRNAとしてlincRNA-p21が見出された. このように, lncRNAもまた機能性RNAとして様々な生体制御機構に重要な役割を担っている. 本稿では, lncRNAの中でもクロマチン上に集積(コーティング)することで染色体全体あるいは, 局所的にヘテロクロマチン化を誘導するユニークな遺伝子発現制御に関わるXistおよびKCNQ1OT1/LIT1に着目し, 最新の知見から遺伝子発現制御や疾患との関わりについて考察する.
Publisher
学研メディカル秀潤社
Content Type
Journal Article
ISSN
0287-3796
NCID
AN00069897
Journal Title
細胞工学
Current Journal Title
細胞工学
Volume
34
Issue
1
Start Page
14
End Page
23
Published Date
2015
Text Version
Author
Rights
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
Citation
細胞工学. 2015, 34(1), 14-23
Department
Faculty of Medicine/Graduate School of Medical Sciences/University Hospital
Language
Japanese