ID 6094
タイトルヨミ
マットレス ノ ホオン コウカ ニツイテ ノ イチ コウサツ
タイトル別表記
A Note on the Capacity of the poly-Urethane Mattress Used in Bed for Keeping-warmth
著者
山本 尚子 家政学教室
藤縄 昌子
抄録
ⅰ)掛布団は同じくして、敷布団の厚い薄いによる皮膚温の変化は気温が比較的高く23℃以上のときはあまり関係なく敷布団を通しての伝導する放熱は少なくマットレスの使用と、マットレスの無い場合とでは皮膚温にはあまり影響はみられなかった。気温が比較的低いときはマットレスによる皮膚温上昇効果が明らかにみられ就寝時にはその効果は大きい。 ⅱ)30℃にては背部の皮膚温は時間経過とともに上昇の傾向にあるが他の部位は時間経過につれて下降している。 ⅲ)各気温を通して胸部よりの放熱は他の部位よりも少ない。この寝具構成では掛布団を通しての放熱は少ないと思われる。 / The capacity of Poly-Urethane mattress used in bed for keeping-warmth was examined under the con-dition of atmospheric temperature ranging fron 0℃ to 30℃. It was found that its capacity was excellent in the case of rather low atmospheric temperature (0°~5℃), especially for the part of the back and legs. But under the moderate atmospheric temperature (22°~30℃), the effect of using the mattress is uncertain. This is might be due to the effect of the much heat-emission by conduction at rather low atmospheric temperature and of the effect of perspi-ration at moderate temperature.
出版者
鳥取大学学芸学部
資料タイプ
紀要論文
ISSN
04935608
書誌ID
AN00174530
掲載誌名
鳥取大学学芸学部研究報告. 自然科学
最新掲載誌名
鳥取大学教育学部研究報告. 自然科学
16
2
開始ページ
49
終了ページ
53
発行日
1965-12-20
著者版フラグ
その他
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学学芸学部研究報告. 自然科学. 1965,16, 49-53
部局名
地域学部・地域学研究科
言語
日本語