フルテキストファイル
rse12_22.pdf 4.04 MB
タイトルヨミ
セイネンキ ショキ ニ オケル ユウジン カンケイ ノ リソウ ト ゲンジツ ノ ズレト ジソン カンジョウ ノ カンケイ スクスク コホート トットリチョウサ ノ ケッカカラ
タイトル別表記
Investigation of a relationship between a discrepancy between ideal and real peer friendship and a self-esteem in early adolescence
著者
谷中 久和 鳥取大学地域学部地域学科人間形成コース 研究者総覧 KAKEN
矢口 幸康 聖徳大学心理・福祉学部
関 あゆみ 北海道大学大学院教育学研究院
小枝 達也 国立成育医療研究センターこころの診療部 KAKEN
キーワード
友人関係
理想と現実の友人関係のズレ
自尊感情
青年期初期
friendship
discrepancies between ideal and real peer friendship
self-esteem
early adolescence
抄録
青年期は友人関係の重要さが増してくる時期である。特に青年期初期は心理的に不安定な時期であり,これを解消するために友人関係が重要になる。友人関係の種類によっては本人が思い描く友人関係の理想と現実にズレが生じている可能性があり,それらのズレのいくつかは自尊感情と関連することが考えられた。そこで,本研究では青年期初期における友人関係の理想と現実およびそのズレを検討するとともに,友人関係の理想と現実およびそのズレと自尊感情の関連を明らかにすること目的に,􀀕􀀗 名の中学1年生を対象に質問紙調査を行った。調査の結果,友人関係の5つの因子のうち3つでズレがあることがわかった。さらに,自尊感情尺度得点を従属変数,友人関係の理想と現実のズレが有意であった因子得点を独立変数として重回帰分析を行ったところ,ズレのうち心理的安定化につながると考えられる「自己開示・信頼」因子において負の関連を示すことがわかった。以上のことから,青年期初期には友人関係のいくつかの因子において理想と現実の間にズレが生じており,あるズレは自尊感情と関連することが示唆された。
In early adolescence, peer friendships become more important than the parent-child relationship as the adolescent undergoes various psychological imbalance brought about by puberty, such as anxiety and emotional instability. There are many qualitative varieties of peer friendship at this age. Adolescents may have a variety of real peer friendships as well as beliefs about ideal friendships, and there may be a discrepancy between the two. This discrepancy may be associated with an adolescent’s self-esteem. However, it is still unclear which significant discrepancies occur in which types of friendships. It is also still unclear which discrepancies are associated with self-esteem. To examine these issues, we conducted a survey and analysis using a questionnaire. Twenty-four first grade junior high school students (thirteen males and eleven females) participated in the present study and completed the following questionnaire: Self-esteem and Peer Friendship. As a result, we found significant discrepancies between the ideal and real peer friendship in three of five friendship types. Furthermore, multiple regression analysis demonstrated that one of the discrepancies between ideal and real peer friendship was significantly negatively associated with self-esteem. Thus, in early adolescence, in certain friendships,discrepancies arise between ideal and real peer friendships and this may be associated with selfesteem.
出版者
鳥取大学地域学部地域学科人間形成コース
資料タイプ
紀要論文
外部リンク
書誌ID
AA12574997
掲載誌名
地域教育学研究
12
1
開始ページ
22
終了ページ
27
発行日
2020-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
谷中久和, 矢口 幸康, 関 あゆみ他. 青年期初期における友人関係の理想と現実のズレと自尊感情の関係-すくすくコホート鳥取調査の結果から-. 地域教育学研究. 2020, 12(1), 22-27
部局名
地域学部・地域学研究科
言語
日本語