フルテキストファイル
タイトルヨミ
メイジ ジングウ ノ ザトウムシ モク
タイトル別表記
Opiliones (Arachnida) of Meiji Jingu, Shibuya-ku, Tokyo
著者
抄録
東京都心部にある明治神宮において,2012 年に採集されたザトウムシ類を検査した結果,モエギザトウムシ(カワザトウムシ科)とコアカザトウムシ(アカザトウムシ科)の生息が確認された.モエギザトウムシは,森林生息性の長脚型のザトウムシとしては,東京23 区より初めて記録された.
Opilionid specimens collected from the precincts of Meiji Jingu, which is located in the center of the capital Tokyo, in 2012 were examined. As a result, a sclerosomatid harvestman, Leiobunum japonicum Müller (Sclerosomatidae) and a small soil-dwelling laniatorid, Proscotolemon sauteri Roewer (Phalangodidae) were found to occur in the precincts. The former is the first record of long-legged species of harvestmen within the area of 23 wards in Tokyo.
出版者
明治神宮社務所
資料タイプ
図書
書誌ID
BB13982713
掲載誌名
鎮座百年記念第二次明治神宮境内総合調査報告書
最新掲載誌名
鎮座百年記念第二次明治神宮境内総合調査報告書
開始ページ
451
終了ページ
453
発行日
2013-09
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鎮座百年記念第二次明治神宮境内総合調査報告書. 2013, 451-453
言語
日本語