フルテキストファイル
Thumnail nhrs5_29.pdf 1.24 MB
タイトルヨミ
トットリケンノ カイヒンセイ ウスバカゲロウ ルイ ノ 1990-1991ネン ニ オケル ブンプ ト セイソクチ ノ スナ ノ リュウド
著者
鶴崎 展巨 鳥取大学地域学部生物学研究室 研究者総覧 KAKEN
キーワード
ウスバカゲロウ
分布
鳥取県
鳥取砂丘
砂粒径
antlions
sandy shores
sand grain size
distribution
Tottori Sand Dunes
Tottori Prefecture
抄録
鳥取砂丘および鳥取県中東部の海浜で1990-1991年に調査したウスバカゲロウ科の幼虫(アリジゴク)の生息記録を掲げた。巣穴形成種ではクロコウスバカゲロウの巣穴が鳥取県の海岸では広域にみつかったのに対して,ハマベウスバカゲロウは鳥取砂丘でしか確認できなかった。鳥取砂丘ではハマベウスバカゲロウはクロコウスバカゲロウよりも,より海側の開けた場所を占めており,営巣地の砂粒径も前者のほうが後者よりも大きい傾向のあることが示唆された。Records of the coastal species of antlions (Neuroptera, Myrmeleontidae) in 190-191 in Tottori Prefecture are presented. Following four species were found: Myrmeleon bore (Tjeder, 1941) and M. solers Walker, 1853 as pit makers and Heoclisis japonica (MacLachlan, 1875) and Distoleon contubernalis (MacLachlan, 1875) as non-pit makers. Myrmeleon bore was widely found from various sandy beaches in central and eastern parts of Tottori Prefecture, whereas M. solers was confined to the Tottori Sand Dunes. Pits constructed by M. bores were distributed mainly in and along the windbreak forests adjacent to the open sand dunes, while those of M. solers were found mainly on the open sand dunes close to the shore. Sand grain size tended to larger in the sites where pits of M. solers were found than those occupied by M. bore. It seemed that positional relationship of habitats of the two non-pitbuilding species, Heoclisis japonica and Distoleon contubernalis in the Tottori Sand Dunes, was similar to that of M. solers and M. bores.
出版者
鳥取県生物学会
資料タイプ
学術雑誌論文
ISSN
1349-2535
書誌ID
AA12083678
掲載誌名
山陰自然史研究
最新掲載誌名
山陰自然史研究
5
開始ページ
29
終了ページ
33
発行日
2010-04-05
著者版フラグ
出版社版
掲載情報
山陰自然史研究. 2010, 5, 29-33
部局名
地域学部・地域学研究科
言語
日本語