タイトルヨミ
ヘイヤ ブ ニ ブンプ スル カンシントウ ト カセン テイガイ フクリュウスイ ノ スイシツ トノ カンケイ ニツイテ : トットリケン ノ シュヨウカセン, ヒノガワ オヨビ チヨガワ ノ テイガイ シュスイ オ レイトシテ
著者
吉谷 昭彦 鳥取大学教育学部地学教室
中村 治夫
山本 恒久
大縄 覺
八幡 勇治
加藤 光昭
安村 節
住田 享啓
抄録
We find an increasing demand for city water with the developments of social community and industry. It is possible that water resources can be obtained from fissure-structures in basements, and also from Alluvium and Diluvium strata. In the case that water resources are pumped up from Alluvial strata, we have sometimes perplexed problems as for the chemical properties of ground surface water with large contents of Fe2+, Mn3+ and so on. These phenomena will be owed to the existence of clay beds in reduced state. In this paper, the relationships between Alluvial clay beds and the chemical properties of groundsurface water in rivers will be discussed.
出版者
鳥取大学教育学部
資料タイプ
紀要論文
ISSN
03715965
書誌ID
AN00174585
掲載誌名
鳥取大学教育学部研究報告. 自然科学
最新掲載誌名
鳥取大学教育学部研究報告. 自然科学
47
2
開始ページ
91
終了ページ
103
発行日
1998-09-10
著者版フラグ
その他
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学教育学部研究報告. 自然科学. 1998. 47(2), 91-103.
部局名
地域学部・地域学研究科
言語
日本語