フルテキストファイル
タイトル別表記
不顕性エプスタイン‐バーウイルスの一次感染と溶解性再活性化は甲状腺刺激ホルモン受容体自己抗体を誘導する
著者
田本 直弘
資料タイプ
学位論文(要旨のみのもの含む)
外部リンク
出版者DOI
著者版フラグ
博士論文全文を含む
著作権表記
©Naohiro Tamoto et al., 2019; Published by Mary Ann Liebert, Inc. This Open Access article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution Noncommercial License (http://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/) which permits any noncommercial use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and the source are cited.
掲載情報
Naohiro Tamoto, Keiko Nagata, Sayuri Hara, Yuji Nakayama, Satoshi Kuwamoto, Michiko Matsushita, Masako Kato, and Kazuhiko Hayashi. Subclinical Epstein-Barr virus primary infection and lytic reactivation induce thyrotropin receptor autoantibodies. Viral Immunology. 2019, 32, 362-369. https://doi.org/10.1089/vim.2019.0086.
部局名
医学部・医学系研究科・医学部附属病院
言語
英語
学位論文授与番号
甲第932号
学位授与年月日
2020/3/6
学位名
博士(医学)
学位授与機関
鳥取大学