フルテキストファイル
タイトル別表記
マトリックスメタプロテアーゼ-14分泌は、IC-2により製造された間葉系幹細胞シートのマウスでの肝線維化抑制効果の予測因子である
著者
福嶋 健志
資料タイプ
学位論文(要旨のみのもの含む)
発行日
2022-03-04
著者版フラグ
博士論文全文を含む
著作権表記
(C) 2021, The Japanese Society for Regenerative Medicine.
掲載情報
Fukushima K, Itaba N, Kono Y, Okazaki S, Enokida S, Kuranobu N, Murakami J, Enokida M, Nagashima H, Kanzaki S, Namba N, Shiota G. Secreted matrix metalloproteinase-14 is a predictor for antifibrotic effect of IC-2-engineered mesenchymal stem cell sheets on liver fibrosis in mice. Regenerative therapy, 2021, 18, 292–301. https://doi.org/10.1016/j.reth.2021.08.004
部局名
医学部・医学系研究科・医学部附属病院
言語
英語
学位論文授与番号
甲第980号
学位授与年月日
2022-03-04
学位名
博士(医学)
学位授与機関
鳥取大学