フルテキストファイル
タイトルヨミ
チョウリュウ ト ナミ オ ウケル カイヨウ コウゾウブツ ノ セッケイヨウ ハリョク カジュウ ニヨル ドウテキ オウトウ ノ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル別表記
Dynamic response estimation of offshore structures by design wave loads with current effect
著者
谷口 朋代 社団法人 土木学会 / 川崎重工業株式会社 装置技術部 研究者総覧 KAKEN
河野 健二 社団法人 土木学会 / 鹿児島大学工学部海洋土木工学科
キーワード
offshore structure
random vibration
wave-current-structure interaction
design loads
maximum expect value
抄録
潮流と波を同時に受ける海洋構造物の設計に用いる潮流の効果を含む波力荷重の評価方法の開発を行った. まず, 変動する波力の最大値の期待値を超過確率に基づく信頼性解析から求め, それらが独自に設定した波力の基準値に補正係数を乗じて波力の特性値として求められるようにした. 次に, 海洋構造物の不規則応答の最大値の期待値を超過確率に基づく信頼性解析から求め, それらが波力の特性値による静的応答値に補正係数を乗じて求められるようにした. これより, 従来, 動的解析で評価していた海洋構造物の不規則応答の最大値の期待値が, 波力荷重を用いた静的解析で求められようになった. 最後に, 波力荷重に用いる補正係数の性質を示し, 波力荷重による最大応答値解析の解析精度の検討を行った.
The design wave loads on offshore structures subjected to both the current and the wave is examined with a random vibration approach. To ensure their extreme value adequately is essential to design them reasonably. Although random vibration analysis which is corroborated by reliability provides accurate estimation of the structural response, it is obviously impractical to carry out it in the design process. In this study, the design wave loads with current effect which corresponds to the static analysis design scheme is examined based on the maximum expected value of wave forces and structural responses.
出版者
土木学会
資料タイプ
学術雑誌論文
外部リンク
ISSN
02897806
書誌ID
AN10014020
掲載誌名
土木学会論文集 = Proceedings of JSCE
661
開始ページ
163
終了ページ
178
発行日
2000-10-21
出版者DOI
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
© 社団法人 土木学会
掲載情報
谷口朋代; 河野健二. 潮流と波を受ける海洋構造物の設計用波力荷重による動的応答の評価に関する研究. 土木学会論文集, 2000, 661: 163-178.
部局名
工学部・工学研究科
言語
日本語