フルテキストファイル
タイトルヨミ
ヤリクリ ノ ザイリョウ ト シテノ シュカン キャッカン
タイトル別表記
Subjective / objective as a material for "managing"
著者
生田 聡史 鳥取大学附属中学校
キーワード
主観
客観
「やりくり」の材料
subjective
objective
material for "managing skills"
抄録
非定型の解や解のない解を探求していく「やりくり」をしていくにあたり,それまでに身につけている知識や能力が「やりくり」を進める要素の一つとなってくる。これは国語科の学習でも同様である。今年度 早い段階の国語学習で,「主観」と「客観」の視点を入れて「読む」ことを行うと,生徒から良い反応が返ってきたということを経験した。そこで,「やりくり」を進めていくための,事前に身につけておくべき知識・能力の一つとして「主観・客観の視点を入れて文章を『読む』『書く』」ということが挙げられるのではないかということに思い至り,「主 観・客観」の視点を入れた授業の実践を行い,そこからの生徒の反応などをもとに考察したい。
In pursuing an atypical solution or a solution without a definitive solution, the knowledge and abilities acquired up to that point are a part of the factors that enable versatile attitude and active behavior. This principle also applies to studying Japanese language courses. During the early stages of classes of Japanese this year, I have got good responses from the students when I taught "reading" by incorporating perspectives of "subjective" or "objective". This experience makes me hypothesize "reading" and "writing" sentences focusing on a "subjective or objective" perspective is useful as one of the knowledge and abilities that should be acquired in advance in order to promote flexible "self managing in daily life". I practiced classes from the viewpoint of "subjective / objective", and discuss effect of the classes based on the reaction of the students to the classes.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
52
開始ページ
19
終了ページ
22
発行日
2021-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2021, 52, 19-22.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語