フルテキストファイル
タイトルヨミ
コウカテキ ナ アウトプット カツドウ ノ ヤリクリ : Large Grammar ノ オウヨウ ト バ ノ クフウ
タイトル別表記
A study of the effective output activities : An application of “Large Grammar” and ways of making occasion.
著者
石田 順 鳥取大学附属中学校
竹川 由紀子 鳥取大学附属中学校
金森 玲子 鳥取大学附属中学校
キーワード
Large Grammar
チャンク
アウトプット活動
Large Grammar
chunks
output activities
抄録
英語は人と人とをつなぐコミュニケーションツールである。英語学習の醍醐味は自分が発信した英語が伝わり相手の英語を理解できた喜びにもある。新型コロナウイルスの影響でコミュニケーション活動が制限されるなか教師は英語でつながる喜びをどのように生徒に伝えるかまたどのようなアウトプット活動が生徒の英語による表現力の向上に効果があるのか鳥取大学地域学部の足立和美が提唱するLarge Grammarの手法を取り入れながら活動の場の工夫について考えてきた。ここでは各学年で取り組んできた実践を紹介する。
English is one of the communication tools used by humans, and this is the very reason why English learners take pleasure in making themselves understood in English and understanding others’ English. However, under the current situation in which new corona virus has spread globally, communicative activities using English in lessons have been limited in terms of amount of time and method of classes. This essay presents what Tottori University Junior High School has carried out, using methods of Large Grammar by ADACHI Kazumi of Tottori University, in English classes of each grade year, thinking about what kind of communication activities can be practiced, whether they can help develop students’ ability in expressing themselves, and finally how teachers can give students chances to feel the joy of communication with others in English.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
52
開始ページ
79
終了ページ
100
発行日
2021-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2021, 52, 79-100.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語