フルテキストファイル
タイトルヨミ
コロナカ デノ オンガク ブンヤ ノ ヤリクリ ジュギョウ : ガクフ オ ヨム チカラ チカク ガ カンジュ ニ アタエル エイキョウ
タイトル別表記
Classes in the music field under the COVID-19 related crisis. : Effect of “ability to read music scores (logical understanding)” to sensitivity.
著者
横地 美奈 鳥取大学附属中学校
キーワード
コロナ対策
問題解決
試行錯誤
読譜
Corona measures
problem solving
trial and error
reading
抄録
例年は年間指導計画に従い教科書に準じて学習を行っていくが今年はコロナ対策と同時進行で「できること」が絞られ限られた条件の中で授業を行うこととなった。歌唱器楽(アルトリコーダー)の授業は止めソーシャルディスタンスを保ちながらなるべく声や息を発しない方法で何ができるか考えた。しかし音楽の授業で声や息を発しない方法というのはかなり難しく悩み抜いた末「楽譜を読む」ことの基礎に立ち返り小学校の基礎から復習し最終的には簡単な聴音をして「記譜」できることを目標設定とし取り組んでみた。また「楽譜を読める」ようになることで器楽や創作はもちろんのこと合唱や鑑賞の学習で楽譜の読み取りから「より深い学び」を得られるのではないかと推測し学習前と学習後のアンケートをもとに検証してみることにした。
Due to the spread of COVID-19, we had to create classes adapted to preventing infection of the virus. It was a difficult task especially in music classes that need usually singing or playing wind instruments such as alto recorders. Keeping social distancing was also a problem to music classes. To cope with this situation, instead of singing or playing music instruments, I have tried to raise student’s ability to write and reading music scores. I tried to verify the hypothesis that skills of reading music scores effectively lead to deeper understanding and empathy to music based on questionnaires made before and after the learning. Key words — COVID-19 infection controlling measures, problem solving, trial and error, score reading
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
52
開始ページ
101
終了ページ
106
発行日
2021-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2021, 52, 101-106.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語