フルテキストファイル
タイトルヨミ
コロナカ ニオケル ジタ ソンチョウ ノ コミュニケーション オ ソダテル アサーション ノ ジュギョウ
タイトル別表記
Classes of the assertion for bringing up self-esteem-oriented communication without losing respectful attitude to others under the COVID-19 pandemic.
著者
岸田 佳子 鳥取大学附属中学校
竹田 伸也 鳥取大学大学院医学系研究科 研究者総覧 KAKEN
キーワード
他者尊重
アサーティブネス
コミュニケーション
新型コロナウイルス感染症
respect for others
assertiveness
communication
coronavirus
抄録
新型コロナウイルス感染症に対する不安や恐れから他者に対してストレスをぶつける行動を取る人がみられている。そこで子ども達に対して新型コロナウイルスの正しい知識と予防行動について学習を行った。その上で自己尊重他者尊重に基づいたアサーティブネス・トレーニングを実施した。その結果「相手の気持ちを聞く」「相手のせいにしない」という他者尊重に関することについて意識の変化がみられた。また授業後の感想では自分の主張傾向を振り返り相手の気持ちを考えながら自分の気持ちを伝えていきたいと記述している者が多くみられた。
Because of the stress from the fear of getting infected by the new coronavirus or its serious symptoms, there seems to be a lot of people making aggressive and negative actions toward others. That is the reason why we conducted classes on scientific know l edge about the virus and how to prevent students from getting infect ed by it. After that, they experienced “assertiveness training,” in which they were targeted to have an awareness of assertiveness toward themselves and others. As a result, the students became more aware of respecting others as shown in their actions like “trying to listen to others and understand what they mean” or “trying not to blame others on some bad things that happened.” Also, according to the descriptions on the class, many students wrote in the questionnaire that they understood how they assert their ideas and that they should make self assertive actions without hurting others’ feelings.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
52
開始ページ
133
終了ページ
138
発行日
2021-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2021, 52, 133-138.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語