フルテキストファイル
タイトルヨミ
セイチョウ ノ ジコ ニンシキ ガ キジュツ スル チカラ オ ノバス
タイトル別表記
Self-awareness of growth develops the writing skills
著者
生田 聡史 鳥取大学附属中学校
キーワード
書くこと
「国語」の捉え直し
成長
writing
more important in the Japanese class
raise of the sense
抄録
生徒が文章を「書く」という活動において, 自分は「書くこと」が苦手と思い込むことが,その活動を阻害していると考えた。そこで,三年間を通じて「国語」という教科の捉え直しと,「書くこと」が自分を成長させているという実感を育む活動を行う。これら一連の活動が「書く」ことに対する壁を取り除いていくであろうという仮説を立て, 三年間の実践を行った。
The preconception that “I am not good at writing” may work as an obstacle for the writing activities in the student’s composition. I hypothesized that raise of the sense of high self-esteem in writing may be more important in the Japanese class than raising reading and writing skills themselves. Taking this point into account, I have tried to nurse student’s self-esteem that the “writing activities” develop one’s Japanese competence during the three-year course of the class. I will review the three-year course of the classes and test it if the attempt worked well.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
53
開始ページ
15
終了ページ
18
発行日
2022-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2022, 53, 15-18.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語