フルテキストファイル
タイトルヨミ
ハッタツ ショウガイ ニタイスル エンカク ペアレント トレーニング オ ジッシ スル スタッフ ニ ショウジル コンナン サノ ケントウ
著者
山中 智央 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
佐辺 優斗 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
小山 義晃 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
井上 雅彦 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻 研究者総覧 KAKEN
キーワード
遠隔支援
ペアレント・トレーニング
実施者
抄録
本研究では,遠隔型のペアレント・トレーニング(以下,PT)を実施したことがある者10名を対象にインタビューを行うことによって,遠隔型のPTを実施する際に生じる物理的困難さと心理的困難さを明らかにし,遠隔型のPTの普及に向けた検討を行った。分析にはKJ法を用いた。その結果,遠隔型のPTの実施者には【実施環境を整えること】と【実施中の機械トラブル】といった物理的困難さと,【PT実施期間中の負担】,【PTの進行中の悩み】,【不明確な役割】,【参加者のニーズの解消】といった心理的困難さが示された。この結果から,遠隔型のPTを実施するためには,遠隔型のPTを実施する環境の重要さや遠隔型のPTの実施に特有の困難さがあることが示唆された。また,遠隔型のPTを普及させていくためには,こうした困難さの対処方法を示すだけでなく,遠隔型のPTの実施に重点を置いた実施者養成プログラムを開発することが必要であると考えられた。
出版者
鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
資料タイプ
紀要論文
ISSN
18834531
掲載誌名
鳥取臨床心理研究
最新掲載誌名
鳥取臨床心理研究
14
開始ページ
73
終了ページ
85
発行日
2021
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取臨床心理研究. 2021, 14, 73-85
部局名
医学部・医学系研究科・医学部附属病院
言語
日本語