フルテキストファイル
タイトルヨミ
コクゴ ノ ヤリクリ ト ヒョウカ
タイトル別表記
Ingenuities and evaluation of classes of Japanese language.
著者
生田 聡史 鳥取大学附属中学校 国語科
キーワード
授業の評価
国語
class evaluation
Japanese language
ingenuities
抄録
本校で研究を推進している「やりくり」は,新学習指導要領で求められているものに非常に近いものであり,先進的であるといえよう。しかし,「やりくり」をいかに評価につなげればよいのかという点で,いまだあいまいな部分を残しており,「やりくり」の評価という,具体的な基準なり指標なりが必要になってきていると感じる。今回は,国語の一つの実践の中で,どのような評価ができるのかという点を考察する。 / “Ingenuities and management” which represents studies that have been promoted in the Tottori University Junior High School is very similar to those requested in “the New Curriculum Guidelines”. However, method and procedures of evaluation for those “ingenu-ities and management” are still unclear. Thus, it seems that specific standards and indicators are necessary in the evaluation. In this paper, I will discuss the issue how we can objectively evaluate ingenuities and devices in classes made by each teacher, through a practice of Japa-nese language class.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
51
開始ページ
15
終了ページ
20
発行日
2020-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2020, 51, 15-20
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語