フルテキストファイル
タイトルヨミ
フトウコウ ケイケンシャ ガ フトウコウ ケイケン オ イミズケスル マデノ カテイ ニカンスル ケントウ
著者
小林 千紗 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
福崎 俊貴 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻 研究者総覧 KAKEN
キーワード
不登校経験
意味づけ過程
TEM
抄録
本研究は不登校経験者が不登校経験を意味づけするまでの過程について,不登校経験者8 名を対象にインタビュー調査を実施し,複線径路・等至性モデル(Trajectory Equifinality Model:TEM)によって分析した。結果共通の過程として,不登校状態に陥ってから不登校状態を脱するまでに【自責感・自己否定・今後の見通しが立たない】という思いを抱くことが明らかとなった。不登校状態を脱した後は個別性の高い径路をたどっていること,個人によって様々な社会的ガイド・社会的方向づけを受けていることも明らかとなった。不登校を脱した後の径路は複雑だが,協力者全員が不登校経験に対し意味を生成できていた。満足感を持って不登校経験者が人生を歩んでいくためには,意味づけの内容が肯定的か否定的かということではなく,不登校経験の意味が生成されているか,されていないかが重要となってくるのではないかと考えられた。
出版者
鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻
資料タイプ
紀要論文
ISSN
18834531
掲載誌名
鳥取臨床心理研究
最新掲載誌名
鳥取臨床心理研究
14
開始ページ
47
終了ページ
59
発行日
2021
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取臨床心理研究. 2021, 14, 47-59
部局名
医学部・医学系研究科・医学部附属病院
言語
日本語