フルテキストファイル
タイトルヨミ
ヤリクリ ジュギョウ ト シャカイカ ニ タイスル イシキ ノ カンレンセイ
タイトル別表記
Relationship between “managing” lesson and awareness of social studies.
著者
福田 仁 鳥取大学附属中学校
キーワード
新学習指導要領
主体的・対話的で深い学び
社会的な見方・考え方
new curriculum guidelines
proactive
interactive and deep learning
social perspective/thinking
抄録
社会科はよく暗記科目と言われることが多い。新学習指導要領では,主体的・対話的で深い学び,問題解決的な学習など様々な新しいキーワードが提示された。そこで,思考力・判断力・表現力の育成をねらいとした授業を継続的に取り組んだ。授業後に,社会科に対する意識などについてアンケート調査をした。その結果,社会科に対する意識や思考力・判断力・表現力に関わる自己評価において肯定的な回答が増加した。社会的な見方・考え方を働かせることが主体的・対話的で深い学びにつながることが示された。
Social studies are often referred to as memorization subjects. In the new curriculum guidelines various new keywords such as independent,interactive,deep learning,and problem-solving learning were presented.Therefore,Icontinued to work on classes aimed at developing thinking,judgment, and expression.After class ,we conducted a puestionnaire survey on awareness of social studies. As a result,positive answers increased in self-evaluation related to social consciousness,thinking ability, judgment ability,and expressive ability.It was shown that exercising social perspectives and ways of thinking leads to proactive,interactive and deep learning.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
53
開始ページ
25
終了ページ
31
発行日
2022-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2022, 53, 25-31.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語