フルテキストファイル
タイトルヨミ
デンリュウ ト デンアツ ノ カンケイ ニオケル ジュギョウ ジッセン ト リカイ ノ ヨウス : ビョウガ ト ヒユ ヒョウゲン オ モチイテ
タイトル別表記
Classroom practice and understanding of the relationship between current and voltage. Using drawing and metaphorical expressions
著者
井殿 加奈子 鳥取大学附属中学校
キーワード
評価法
描画
比喩的表現
授業実践
電流と電圧の関係
Evaluation method
drawing
metaphorical expression
Practice of class
Relationship between current and voltage
抄録
電流や電圧についての学習では,基本的な語句や計算などは比較的よく理解しているが,科学的概念については理解しているとは言い難い。本実践においては,電流と電圧について理解を深めるとともに生徒の理解の状況をはかることを目的とした授業づくりを目指す。このため,描画と比喩的表現を用いて授業実践を行い,生徒のワークシートを用いて理解の様子について分析を行った。本授業では,始めに電流と電圧の関係について比喩的表現で記述させ,グループワークにて意見の共有を行った後,電流と電圧の関係について記述させた。その結果,活動後のワークシートでは電流と電圧の関係が理解できた生徒の増加が見られた。しかし,多数の生徒が誤概念を持っており,今後の授業の工夫が必要であることがわかった。
In the study of electric current and voltage, students have a relatively good understanding of the basic words and calculations involved, but their understanding of the scientific concepts is not as good as it could be. In this lesson, we aim to deepen the students’ understanding of electric current and voltage, as well as to assess their understanding. For this purpose, we used drawing and metaphorical expressions in the class and analyzed the students’ understanding using their worksheets. In this class, students were asked to describe the relationship between current and voltage using metaphorical expressions at the beginning, and after sharing their opinions in group work, they were asked to describe the relationship between current and voltage. As a result, there was an increase in the number of students who showed understanding of the relationship between current and voltage in the worksheets after the activity. However, a large number of students had misconceptions, and it was found that future lessons would need to be devised.
出版者
鳥取大学附属中学校
資料タイプ
紀要論文
ISSN
24345997
書誌ID
AA12837633
掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
最新掲載誌名
鳥取大学附属中学校研究紀要
53
開始ページ
65
終了ページ
68
発行日
2022-03-01
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
鳥取大学附属中学校研究紀要. 2022, 53, 65-68.
部局名
附属教育研究施設
言語
日本語