フルテキストファイル
nhrs6_25.pdf 2.62 MB
タイトルヨミ
トットリ ダイガク トットリ キャンパス ノ チョウルイソウ ト キセツ ヘンドウ
タイトル別表記
Seasonal change of avifauna in Tottori University, Japan.
著者
村田 麻理恵 鳥取大学大学院地域学研究科地域創造専攻
中森 純也 山階鳥類研究所保全研究室内 日本鳥類標識協会
永松 大 鳥取大学地域学部地域環境学科 研究者総覧 KAKEN
キーワード
鳥類相
鳥取大学
都市緑地
avifauna
Tottori University
urban open space
抄録
2006年8月から2010年2月にかけて,鳥取大学構内(鳥取市)において鳥類相の調査を行った。標識調査と目視による観察により,15目38科122種が確認された。加えて,2008年6月上旬から2009年5月上旬の1年間,ラインセンサス法による定期調査を行い,鳥取大学構内における鳥類の季節変動について検討した。全22回の定期調査中,ヒヨドリ,スズメ,キジバト,シジュウカラ等が高頻度(90%以上)に出現した。これらの種は構内を常に利用している種群と言える。ヤマガラは冬季に確認された。渡りの時期にはエゾビタキ,センダイムシクイなどが確認され,構内が渡りの中継地として利用されていると考えられた。鳥取大学構内の鳥類相は周辺環境と関係しており,多様な種群により利用されていることが明らかになった。 / From August 2006 to February 2010, avifauna was censused in Tottori University (Tottori City) by banding and visual observation. As a result, 15 orders, 38 families, and 122 species were observed during the period. Seasonal change of birds in Tottori University were censused by line-census survey from June 2008 to May 2009. Hypsipetes amaurotis, Passer montanus Streptopelia orientalis Parus major, etc. were frequently observed (more than 20 times) during 22 censuses. It would appear that these species use the campus year around. Parus varius was recorded in winter. Phylloscopus tenellipes and Phylloscopus coronatus, etc. were seen in migrate season. This suggests that the campus provides a temporal refuge for them. Avifauna in Tottori University is affected by surrounding environments and various bird species use the campus.
出版者
鳥取県生物学会
資料タイプ
学術雑誌論文
ISSN
1349-2535
書誌ID
AA12083678
掲載誌名
山陰自然史研究
最新掲載誌名
山陰自然史研究
6
開始ページ
25
終了ページ
36
発行日
2011-12-10
著者版フラグ
出版社版
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。 / This work is protected under Japanese Copyright Law unless otherwise noted.
掲載情報
山陰自然史研究. 2011, 6, 25-36
部局名
地域学部・地域学研究科
言語
日本語