フルテキストファイル
タイトルヨミ
タンパクシツ コウガク テキ シュホウ オ クシ シタ シャペロニン GroEL ノ アミロイド センイ ギシュウ ヨクセイ キノウ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ
著者
資料タイプ
学位論文(要旨のみのもの含む)
最新掲載誌名
発行日
2017-03-20
著者版フラグ
博士論文全文を含む
著作権表記
注があるものを除き、この著作物は日本国著作権法により保護されています。
掲載情報
The following articles are included in this doctoral dissertation. This research was originally published in The Journal of Biological Chemistry. Naoya Fukui, Kiho Araki, Kunihiro Hongo, Tomohiro Mizobata, and Yasushi Kawata. Modulating the Effects of the Bacterial Chaperonin GroEL on Fibrillogenic Polypeptides through Modification of Domain Hinge Architecture. The Journal of Biological Chemistry. 2016; Vol. 291:pp. 25217-pp. 25226. © the American Society for Biochemistry and Molecular Biology. doi:10.1074/jbc.M116.751925, http://www.jbc.org/content/291/48/25217 Bimlesh Ojha, Naoya Fukui, Kunihiro Hongo, Tomohiro Mizobata & Yasushi Kawata. Suppression of amyloid fibrils using the GroEL apical domain. Scientific Reports. 6, Article number: 31041. doi:10.1038/srep31041, http://www.nature.com/articles/srep31041
言語
日本語
学位論文授与番号
甲第330号
学位授与年月日
2017-03-20
学位名
博士(工学)
学位授与機関
鳥取大学